脱毛と言いますと、女性では気になっている方も多いでしょう。
脇や足、腕、指などの脱毛に関しては、一年を通して気にしている方も少なくありません。
ですが、夏場にならないと気にしない箇所もあるのではないでしょうか。
いわゆるデリケートゾーンと呼ばれる箇所の脱毛です。
デリケートゾーンの脱毛はIライン、Vライン、Oラインとあります。
まとめてハイジニーナ脱毛とも呼ばれます。
Vラインの箇所とは、身体の正面から見たデリケートゾーンのことですね。
いわゆるビキニラインと呼ばれる部分のことになります。
太ももの付け根辺りから、性器周辺、おへその下辺りまでの箇所です。
Iラインは性器の両サイドのラインです。
むだ毛、黒ずみなどを発生しやすい箇所です。
また生理中などであれば、蒸れてしまったり、かぶれてしまいやすい箇所となります。
Oラインは肛門周りのことです。
欧米の女性と比較すると日本人の女性は無毛であることが多くなっています。
デリケートゾーンの脱毛は、セルフケアしにくい箇所とも言えます。
肌そのものが敏感で、刺激に弱いためにカミソリや毛抜きなどを使ってしまうと、肌荒れの原因となることが多いのです。
セルフケアをするのであれば、除毛クリームなどで肌への刺激が少ないものを使うようにすると良いでしょう。
また、家庭用の脱毛機などでも対応している機種であれば、使っても良いでしょう。
取扱説明書に対応箇所ではないと書かれていた場合、使ってしまった後に何か事故があった時には自己責任となりますので、必ず確認してから使うようにしましょう。。